株式会社アイカム・シンカ

人と企業の共栄・シンカをプロデュースします。

トップ > 風水ソリューション

アイカム風水ソリューション

風水とは?

風水とは、文字通り「風」と「水」など万物の間に流れる「気」の力を利用した環境学です。風は、気の流れやエネルギーの流れなど目に見えないものから実際に体で感じる空気の流れのこと。水は、空中に含まれる水分をはじめ、自然界全体の水のことを指します。 古代の人々は、万物の間に「気」が流れ、生気と秩序をもたらすと考えていました。この自然界の「気」を、人間界に取り込み、いかに住まいを快適にするか? 長年のデータと知恵を積み重ね、ノウハウとして確立された集大成が風水です。 いわば、開運のための環境学なのです。

風水は、占いやまじないではなく、理にかなった科学的な学問です。「環境が運を決める」これが、風水の基本的な考え方です。 風水とは、自分に影響を与えるあらゆる環境を使って、私たちの人生を豊かにし、自ら運を開くためのマニュアルと言えます。

風水の活用

占いは、未来の可能性を示すもので、対処法など具体的に示されることはほとんどありませんが、風水は環境を整えることで、悪い運気を防ぎ、望む運気を呼び込むなど、具体的に未来を変える対処ができます。悪い運をさらに悪くするのも、良い運をどんどん取り入れるのも、すべては自分次第。

運が悪いと思う人は、そこに自分の運を落としている原因があります。それを取り除き、運を呼び込むための風水を実践することが大切です。自分の家の家相はよくないからだめだと諦めるのではなく、良い方向に変えるような努力すれば、誰でも開運が施せます。

自分に合った風水

人それぞれによって風水環境は違います。 昨今、風水はそのノウハウを伝える書籍やWebページが増え、インテリアの配置やラッキーカラーや家相など、さまざま紹介されています。これは万人に共通な一般的なノウハウで、間違いではなくても、あなたに合うかどうかはわかりません。 人は、一人ひとり違いますし、家の運気も一軒一軒で違います。

たとえば、金運には西に黄色が良いと言われていますが、そのとおりにして、逆に金運を下げてしまう人もいます。 「人×環境×氣」の組み合わせ方で、良くも悪くも無限に変わっていきますので、自分に合った風水環境を整えることが大切です。

成功者は風水を活用しています

ビジネスの成功者の多くは風水を取り入れ、活用しています。ビジネス界だけでなく、スポーツ選手、芸能人なども風水を活用している方は多数おられますし、歴史上でも、平城京や平安京、江戸の街づくりには風水を活用したことは有名です。

もちろん、風水だけに頼ったわけではなく、自身でも運を掴み、成功するための行動力と柔軟性があり、どんなことにも最善を尽くす。それらに加えて、風水を取り入れて環境改善を図って、望む運気が運ばれてきたということです。

風水の種類と活用

風水はインドからシルクロードを渡り、中国で大きく発展して日本に入り、日本にもともとあった陰陽師などが用いる風水学や、神道における風水などと通ずるところもあり、用いられるようになりました。 風水にはいろいろな流派があり、それぞれに特徴があります。

昨今は、一般的にわかりやすく取り入れやすい風水が流行っていますが、本当に風水を役立てたければ、それぞれに合った風水を施すことが必要です。きちんと用いれば効果がとても高い環境学です。

アイカム・シンカの風水ソリューション

アイカム・シンカでは、一人ひとりに応じて、さまざまな流派を融合し、実践的なソリューションをご提供しています。
まずは、基本のインド風水と、日本の縄文時代の自然信仰・精霊信仰と渡来の風水が融合して、弥生時代へ移り変わろうとするときに生まれた神道風水をベースにしています。 それらにあわせて、その年の年まわりや、人によって風水の流れが変わると考えて気の流れを読み込む香港などで用いられ、本格的な風水の流派の中で最もグローバルスタンダードとなっている飛星派(玄空派)風水を取り入れています。 さらに、星の動きや、魂のタイプなども考慮し、嗜好、色彩心理、カラーリング、バランスなどと、作業動線やマーケティングなど、実際的な側面を融合して診断しています。

現代のライフスタイルに寄り添い、人・場・気・天・地・命のバランスを活かしながら診断し、実際の作業性や快適性、嗜好もあわせて、現実的な方向へとコンサルティングさせていただいていますので、効果も出やすく、高いご満足をいただいています。

アイカム・シンカの風水ソリューションサービス

オフィスレイアウト 店相 カラーリング 名刺デザイン 店舗サロンレイアウト

アイカム・シンカでは、各種サービスに、風水ソリューションを組み入れてご提供していますが、風水に特化したサービスもご提供しています。お気軽にお問合せください。





サービス

関連団体・グループ

ページのトップへ戻る